任意売却は離婚前にするべき?離婚後にするべき?その2つの理由を解説!

任意売却は離婚前に行うのがおすすめです。

ここでは、離婚前にした方が良い理由を2つご紹介します!

理由1:経済的負担を軽減できる
理由2:夫婦間で連絡が取りやすい

理由1:経済的負担を軽減できる

離婚前に任意売却することで、経済的負担を減らすことができます。

家計が一馬力になること、転居費用が発生することなど、離婚は経済的負担が大きくなります。

離婚前に任意売却すれば、住宅ローンが残ったとしても、返済額を無理のない範囲に調整することができます。

新生活の負担を軽くできるほか、離婚後の経済的な見通しを立てやすくなります。

理由2:夫婦間で連絡が取りやすい

離婚前なら夫婦間で密に連絡をとれるため、スムーズに手続きを進めることができます。

離婚後は相手と連絡が取れなくなってしまうケースも考えられます。

夫婦での共同名義の場合、相手が連帯保証人になっている場合など、片方の意思だけでは任意売却ができません。

売却したいのに連絡がつかないという事態を避けるため、任意売却は離婚前に行うのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました