家の売却で損しない!任意売却と売却、競売の違いを徹底解説!

まず任意売却は、通常の売却とどう違うのでしょうか?

ここでは、任意売却と売却の違いを3つ解説していきます。

違い1:目的
違い2:債権者の合意の有無
違い3:売却期間

違い1:目的

任意売却は「債権者への弁済」を目的としているのに対し、売却の目的は様々です。

売却の場合、転勤、住宅の買い替え、相続など、所有者の生活・環境の変化を理由に行われることが多いです。

違い2:債権者の合意の有無

任意売却には債権者の合意が必要ですが、売却の場合は不要です。

任意売却では売却開始から売買契約に至るため、債権者の合意が必要です。

売却の場合は、債権者への弁済を目的としていないので、物件の所有者の判断で行うことができます。

違い3:売却期間

3つ目の違いは「売却期間」です。

任意売却では、債務者の夜逃げ防止、早期の債権回収などの理由から、売却期間が短めに設定されています。

これに対し、売却は売却期間に制限がありません。

一般的には3ヶ月程度で販売されることが多いですが、物件の所有者が自由に決めることができます。

どちらがいいの?任意売却vs競売、その価格差とは?

続いて、競売との違いをお伝えします。

価格面やプライバシー性を考えるなら、メリットの多い任意売却が良いでしょう。

競売の相場は、一般市場の6~7割です。一般市場で販売される任意売却と比較すると、3~4割の価格差があります。

しかし、債権者が複数人いる場合、任意売却の調整が難航してしまう可能性があります。このケースでは、任意売却よりも競売が向いています。

タイトルとURLをコピーしました