リースバックとは?4つのポイントとメリット・デメリットを解説!

リースバックとは、住宅を売却した後も、賃貸物件として住み続けることができる手段です。「セールアンドリースバック」、「賃貸借契約付き売却」とも呼ばれています。

ここでは、リースバックについて、次のポイントをふまえて解説していきます!

ポイント1:資産の現金化
ポイント2:任意売却
ポイント3:住宅に住み続けることができる
ポイント4:賃貸借契約の締結

リースバックは、資産である住宅を売却して現金に変えることができます。

主に、任意売却の際に活用されている方法です。任意売却とは、住宅ローンが払えなくなった場合に、債権者(金融機関)の合意を得て、住宅を売却する手段です。

リースバックは、債権者への弁済のほか、老後や事業の資金調達などの目的でも行われています。

最大の特長は、売却後もそのまま住むことができる点です。

売買契約と同時に賃貸借契約を締結します。買主がオーナーとなり、賃料を払って住宅を借りるという仕組みです。

リースバックの4つのメリット

リースバックには多くのメリットがあり、近年では利用する人が増えています。ここでは、リースバックのメリットをご紹介していきます!

メリット1:売却代金を一括で受け取れる
メリット2:引越しする必要がない
メリット3:売却したことを悟られない
メリット4:将来的に買い戻せる可能性がある

メリット1:売却代金を一括で受け取れる

リースバックは、住宅の売却代金を一括で受け取ることができます。任意売却や資金調達など、まとまったお金が必要な場合に便利です。

「最短5日程で現金化」を謳っている業者もあり、短い期間で手続きできる点が魅力です。

メリット2:引っ越しする必要がない

リースバックは、そのまま住み続けることができるので、引っ越しする必要がありません。引越し費用も掛からず、住み慣れた家を手放さずに済みます。

また、お子さんがいる家庭の場合、学区が変わらないので転校しなくて良いというメリットがあります。

メリット3:売却したことを悟られない

売却する際、「周囲に知られたくない」という人が大半でしょう。リースバックは、周囲に悟られずに手続きを進めることができます。

住宅の所有権は他人に移りますが、購入希望者への内覧会などもなく、これまで通り生活することができます。

周囲から見た時に何も変わりがないので、気付かれることはほぼありません。

メリット4:将来的に買い戻せる可能性がある

リースバックは、将来的に住宅を買い戻せる可能性があります。

一定期間経過後に、オーナーに買戻し金額を支払い、住宅を取り戻すことができるというものです。

買戻しを希望する場合、賃貸借契約とあわせて「買戻し特約」を取り交わす必要があります。

リースバックの2つのデメリット

リースバックにはデメリットもあります。条件によっては、リースバックではなく通常の売却が向いているケースもあります。

デメリットを理解し、リースバックすることが果たして得なのかどうか判断することが重要です。

デメリット1:売却金額の相場が安い
デメリット2:買戻し金額が高い

デメリット1:売却金額の相場が安い

リースバックは、通常の売却と比べて売却金額が安くなります。地域により異なりますが、相場は通常の70~80%程度です。

通常の売却と違い、売主がそのまま住み続けるため、買主にとっては投資目的の意味合いが強くなります。

また、賃貸借契約の途中で売主が賃料を払えなくなってしまう可能性もあります。

初期費用の回収やリスク回避の観点から、安い金額で買われることが多いのです。

任意売却の場合、オーバーローン(売却金額よりも住宅ローンが多く、完済できない状態)だと債権者から合意が得られず、リースバックができないこともあります。

デメリット2:買戻し金額が高い

将来的に買戻しできる可能性のあるリースバックですが、買戻し金額が高いというデメリットがあります。

買戻し金額の相場は、売却金額の1.1~1.3倍です。

これは、不動産の売却時・買戻し時にオーナーが負担した諸経費が含まれるためです。更に多少金額が上乗せされる場合もあります。

リースバックをしたい!という人は、業者選びが問題になりますので、要チェック!リースバックの業者の選び方とは?比較の3つのポイントを解説!をご覧になって観てください。

後はトラブルになってしまわないように事前にこんなケースに気を付けよう!リースバックでトラブルになる3つのケースの確認もお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました