こんなケースに気を付けよう!リースバックでトラブルになる3つのケース

リースバックにはどのようなトラブルがあるのでしょうか。

リースバックは、住宅を売却して完結ではありません。買主との間で賃貸借契約を締結するため、売却後も利害関係が続きます。

そのため、主に賃貸借契約において、トラブルが発生する可能性があります。

ここでは、リースバックでトラブルになるケースについて解説します。

ケース1:賃料が高くて払えない
ケース2:退去を求められる
ケース3:買戻し金額が高い

ケース1:賃料が高くて払えない

リースバックのトラブルで多いのは、賃料が高くて払えないというケースです。

特に、任意売却の場合は要注意です。住宅ローンを返済できなくて住宅を売却したのに、賃料が払えなければ本末転倒です。

継続した賃料の支払いが可能かどうか、リースバック前にシミュレートする必要があります。

ケース2:退去を求められる

自分の希望に反して、オーナーから退去を求められるケースがあります。

リースバックでは、一般的に2年程度の「定期賃貸借契約」が採用されています。定期賃貸借契約は、原則として更新はされません。

双方合意のもとで契約を継続する場合、再契約という形をとります。

そのため、契約満了と同時に退去しなければならない場合があります。

賃貸借契約締結前に、オーナーとの間で賃貸借期間や再契約について話し合いや調整が必要です。可能であれば、通常の賃貸借契約が良いでしょう。

しかし、相手が大手の場合、リースバックのプランがあらかじめ決められていることが多く、融通がききにくいという点があります。

小さな会社はこちらの事情を考慮してくれる場合がありますが、倒産や経営悪化を理由に退去を求められる可能性があります。

このようなリスクがあることを十分理解しておく必要があります。

ケース3:買戻し金額が高い

デメリットでも挙げたように、買戻し金額の相場は、売却金額の1.1~1.3倍と高めです。

買い戻すまでの間は月々の賃料を払い続けなければなりません。少しでも早く買い戻した方が得ですが、高くて買い戻せないという可能性が出てきます。

買戻し期間も最長10年と定められています。契約時に、期間内に買戻しができそうか見通しを立てましょう。

リースバックのメリットやデメリットはリースバックとは?4つのポイントとメリット・デメリットを解説!で確認できます。

あと、依頼する業者さん選びは、リースバックの業者の選び方とは?比較の3つのポイントを解説!を見てリサーチしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました